2018年10月17日水曜日

超ミニ盆栽作り方

樹高はほんの数cm、鉢もご覧のとおり小さいものは小指の爪ほど。小品の中でも上にいくつも超がつくほどに小さいのが超ミニです。今ではミニ盆栽とか超ミニ盆栽と呼ぶようになりましたが、昔は「豆盆栽」と呼んでいました。
仕立てやすい樹種は挿し木や取木や根伏せなどで、繁殖の容易な樹種が向いています。松柏類なら真柏、杜松、檜、杉など。雑木類や実物、花ものはさらに多くの樹種が挙げられます。
竜神づたの超ミニです。挿し木で感嘆に活着するので超ミニに向いた樹種です。成長が極端に遅いので、挿し木苗を数年仕立て鉢で肥培してから似合いの鉢に植え付けます。幹や枝に針金を掛けなくとも自然に面白い姿に成長してくれます。濃い緑の夏の葉がみどころですから、鉢は白や薄い水色や黄色などが似合うでしょう。樹高4.5cm。

実生かりんの根を挿し木(根伏せ)して作った懸崖式の樹形。足元から幹筋にかけて人工では表現できない微妙で自然な味わいが感じられます。上下4.5cm。

盆栽スクールの最ベテランのクロちゃんが、本来は捨ててしまう剪定した小枝の屑の中から、ちょっと格好のイイのを選んで挿し木して仕立てた超ミニ。年数はまだまだかかりそうですが、足元のあたりがもっこりとボリューム感が出ており、大木然とした雰囲気を匂わせています。3年先がたのしみですね。樹高5.5cm。

くちなし超ミニ、樹高6.5cm。細葉の姫くちなしの小枝の先端からの挿し木苗を鉢に入れれば立派なミニ盆栽のできあがり、と言いたいけれど、このように足元に微妙な模様と力量感が感じられるまでには数年の培養が必要です。棚に寒冷紗の日よけや人口芝を敷くなどの工夫をして夏場を乗り切ります。とにかく自分の赤ちゃんを育てる心がけで面倒をみましょう。
それと日ごろから、指の爪ほどの大きさの可愛らしい豆鉢の調達を忘れないように。

2018年10月11日木曜日

けやき箒作り逸品

先日ある交換会へ遊びに行ったおりに、立ち上がりの幹径が2.2cmくらいで樹高14cmのけやきの箒作りに出っくわしました。ごらんの通りの足元の太さで、枝分かれもこんな感じに巧みにこしらえてあって、もちろんAクラスの筋ものです。

ところで、先日関東を急襲した台風24号がもたらした塩害は内陸部までも影響をもたらしましたが、このけやきは葉がしっかりと固まっていたせいで、ご覧のとおりぶじでした。

この秋は天候が不順で日照不足が続いているので、覆いかぶさった外側の葉を半分くらいに切ってフトコロに日光が入るように調整しておきます。普通は5~6月ごろに芽摘み、葉透かしなどと同時に行う作業ですが、今年のように秋晴れの爽やかな日の少ないときにも効果のある作業です。

フトコロがずいぶんと明るくなって枝の内側にも日光がはいるようになりました。小枝の先端についている芽は、葉が落ちると冬芽になって来春まで越冬するわけですから、今のうちにたっぷりと日に当てて充実させておくことが大切ですね。

後姿です。そうそう、もうひとつ大切なことがありましたっけ。もう10月も中旬ですから、そろそろ本年最後の肥料をやりましょう。今年のように雨の多い秋は鉢内の肥料が流れ出して、意外と肥やし切れになっているものなのです。

2018年9月28日金曜日

窯傷・東福寺2

こちらは間口10cmくらいの東福寺の定番である手捻り丸鉢。普通ならご紹介するほどの珍しさはなく欠点もあるのですが、一部に特別の魅力を兼ね備えているので話題にしてみます。

東福寺手捻り辰砂釉丸鉢

東福寺手捻り辰砂釉丸鉢と呼ぶのが本式でしょうね。おそらく初期の登り窯作品でしょう。辰砂釉が部分的にエメラルド色に変化してえ深い輝きを見せています。

この鉢の見せ場は、鉢の内側に濃く垂れたエメラルドと辰砂釉の深い輝きです。まるで宝石のように輝いています。

釉薬が足元に流れてやや足元が乱れていますが、深い輝きを放つ釉薬の魅力のおかげで、足元の乱れはほとんど気になりません。燦然と輝く釉薬の魅力にただ脱帽です。

2018年9月27日木曜日

窯傷・東福寺1

もう何十年もお付き合いしている市内の愛好家さんが足を怪我してしまい、所有品をいくらか整理したいとおっしゃるので、まずは当面使いそうもない抜き鉢から買取りさせていただきました。その中から出てきたのが今日ご紹介する東福寺窯変太鼓胴丸鉢。間口は30cmほどの中鉢です。

やや厚めのがっしりとした胴体で、灰釉が基調。その上から全体に緑釉(りょくゆう)の窯変が出て焼き物としてのおもしろさが表現されています。ただ正面から見ると向こう側にバックリと窯傷があり、これを力の表現と見ればなかなかの迫力です。

やや焦げ茶いろの土目で、胴はやや肉厚のがっしり形、色調はやや暗い感じですが、存在感は十分です。
窯傷(カマキズ)の拡大図。10年ほど前に私が買っていただいたものです。今回久しぶりに手にしてみて記憶が少しずつ戻ってきましたが、さすがに当時の価格や入手先などは思い出せません。

ともかく、こうして全体をながめると、東福寺らしい東福寺といえる鉢ですね。

窯傷の部分には接着剤が流し込まれていて補強されているので、音もでないし傷がこれ以上広がる心配もいりません。どんどん使い込んで時代感がつけば、もっと見栄えもよくなるでしょう。まあ傷物ではありますが、腐っても東福寺ということで使ってみたいと思います。



2018年9月10日月曜日

姫柿’(荒皮性)ミニ

老翁柿(ろうやがき)もしくは姫柿という名称で、この樹種が盆栽界にデビューしてから何十年経ったでしょうか。いろいろな記憶を繋ぎあわせて思い出してみると、とにかく30年以上になることはまちがいなさそうですね。
当時は、当才の根伏せ苗でさえ数千円からものによると何万円と、ビックリするような価格で取引されていました。最初の頃は黄色実が主流でしたが、様々な交配によっていろいろな特徴をもった品種が作り出されました。現在では盆栽界において、実物盆栽として席飾りには欠かせない重要な樹種となって盛んに栽培されています。

これはもう5年ほども我が盆栽屋.comの棚に5年以上長逗留している姫柿。太くて短い特徴のある幹筋がおもしろいのですが、とにかく締まった枝振りに作るために切り込むので、なかなか実を成らすことができません。そのために木姿はかなりよくなっているのになかなか売れません。

しかし、今年は培養がうまくいったようで、枝もしまって姿がピリッとしてきました。それに現在付いている来年用の芽も良く充実しているので、来春には花芽になりそうなのがたくさんあるので楽しみです。

後姿も締りが出てきました。この力のある幹と締まった枝振りで実が成ったら見ごたえありますね。
このように5年も6年も盆栽棚で飽きずに水をかけてやると愛着はひとしおで、ある日突然買い手のお客様が現れたりすると、たとえ売り物であっても少々可哀想な感じになるものです。

というわけで、暑かった今年のなるもそろそろ秋の気配が濃厚になってきて、盆栽界でも実物が気になる季節になってきました。

2018年8月30日木曜日

那須五葉松・根上がり

日曜日のスクールが終わって岩ちゃんの出猩々が一息ついたと思ったら、先日ブログでご紹介した那須五葉松の針金が、食い込む一歩手前の状態なのに気がついた。おそらく目に映っているのですから気がついてはいるはずですが、忙しさにまぎれてき頭で正確に認識していないということなのでしょう。認識が甘く無用心というやつですね。

さっそく半日がかりですべての針金を外して一安心。けっかは食い込んだ箇所はまったくなく、無傷の状態でしたので、柔らかい曲を身上とするこのような樹形の格を落とさずにすみました。良かった!

針金を外したので少々葉がばらけたようですが、あまりに綺麗にそろい過ぎていたのでは人工的で美しくないし、このくらいの自然なふくらみが感じられるくらいでちょうどいいでしょう。

それにしても私たちの若い頃(昭和40年代)には、五葉松にヨシズや寒冷紗を張るなどとは、それこそ「盆栽界の非常識」であったのだが、それは現代では「常識」として定着してしばらくたちました。

当時、蝦夷松の類はヨシズ下で培養することがあたり前になったころで、そのあたりから大衆の間でも蝦夷松の培養法が一般的に知られるようになったという記憶があります。

針金を早めに外すことができたので木肌に食い込みの痕跡も残すことなく、ほっとしました。ひと夏寒冷紗下で培養できたのでは色も明るめのきれいな色彩にあがりました。来春はちょっと深めで間口の狭いしまった鉢へ入れようと思っています。楽しみですね。

そこで教訓

五葉松は日本各地に自生しますが、基本的には性質は高山に自生する。朝晩の冷え込みの強いやや乾燥した高地に適しています。だから平地や盆地の夏の蒸し暑さには弱いんですね。そのかわり乾燥や冬の寒さに対する耐久力は抜群です。

2018年8月23日木曜日

唐楓寄せ植え

樹齢はわずかに5年生くらいでしょうか?主木の太さがやっと割り箸くらいのひょろ高い寄せ植えがおもしろい。つい最近、市内の小規模な交換会でセリ落としたものです。きっと数年前に、2年生くらいの実生苗を寄せて持ち込んだものでしょう。自然なやさしさにあふれ、あまり作為が感じられないのがかえって好感がもてて穏やかな里山の情景の一部になっています。
まさに肩のこらない涼しげな一鉢ですね。

ところで、今でも寄せ植えは盆栽の重要なジャンルを占めていますが、私たちが若かった頃と比べると人気という点でイマイチという気がしませんか?その理由はいくつか考えられますが、まず第一に大衆品の段階の寄せ植え盆栽を作るのは簡単でも、長い持ち込み後に、それらを高い次元で維持することは案外に難しいという現実のせいでしょう。その点、単幹ものであれば改作などの場合、選択の幅がひろく融通も利くといえますね。

とはいえ好きなものは好きなので、さほど高価なものでなくとも、春先には唐楓の当才苗なども通信販売で売り出されるので、5~15本くらいの数を用意して寄せてみると案外に楽しいものです。

1 長短、太細の調和をみながら植える。
2 ケト土と赤玉土を半々に混ぜた泥団子で根を安定させなだら植える。
3 真上から見た各幹の配置が二等辺三角形になるように植えて、遠近感を演出する。

中央部、向かって右と左へ流れる3つのグループを意識して植え込み、枝葉も3つのグループを基本としてまとめていく。

後ろから見た姿にも左右への動きが感じられるように作る。また、全体の軸と成る主木(しゅぼく)は重要なので必ずある程度の存在感を与えるように配置する。

作ってみてー!

2018年8月21日火曜日

復活・出猩々


7月22日の盆栽フリースクールの時点では、まさに瀕死の重傷で、復活の可能性は甘く見積もっても50%以下と診断されるほどで、持ち主の岩ちゃんご夫婦もかなりご心配のようすでした。ところが非常に不謹慎極まりない言葉ですが、とにかく8月20日でご紹介して以来、当初の予想に反して順調に回復に向かっております。

特有の鮮やかな紅色がやや落ち着くと、次にはやや緑色に変化するのが出猩々の特徴です。まるで秋の紅葉に染まった風景と見違えるような色彩の配置ですね。

ともかく窮地はひとまず脱出できたようですね。緑色に変色するころには葉はある程度厚みが出て、強い日光に当たっても焼けにくくなります。そうなればもう大丈夫。もう少しの辛抱ですから、再び水切れなどして葉を焼かないように気をつけましょう。ちなみにまだ置き場所は寒冷紗の下か半日陰です。

2018年8月19日日曜日

山もみじ本格小品模様木

山もみじ大好き人間としては、たとえ商売用の売り物であっても、自分の好みの樹形のもみじ盆栽が棚にあると、日々の水やりにも格別に張り合いが出るものです。
そして、そういう優良品との巡り合いは、往々にしてある日突然という形でやってくることが多いものなのですが、やはり今回も樹高13cm×左右24cmで足元の直径が8.5cmほどの古木の小品盆栽が、突然に我が家の盆栽たちの仲間に入ってきました。

ご覧のように太くて短く逞しいボディーの持ち主で、傷っ気はまったくありません。かなり旧く持ち込まれたもので、その古色感と迫力はとても13cmの小品とは思えない大物君です。画像ではサイズ的にもかなりの大品に見えますが、上記のようにまさかの13cmです。

やはり構図のスケールと古色感がサイズのイメージとなるようです。

足元付近の木肌の雅味と渋い雰囲気はたまらないほどに味があります。昔から盆栽の真髄は「形小相大】という言葉に集約されています。外見はなるべく小さく、ただし構図のスケールは大きく作るのが理想的です。

立ち上がりを後ろから見る。




2018年8月3日金曜日

作る・けやき箒作り

種子を蒔いたのは私ではないが当才の末、つまり2年生の始めのころから3本の苗を手にかけて、残った1本の箒作りのけやき。たびたび「盆栽つれづれ草」でご紹介してきたので、旧いリピーターさんでは覚えているいる方もいらっしゃることでしょう。
今では樹齢は13年目になり、樹高も16.5cmになりました。太さは足元で1.5cmほどなのでさほどではありませんが、まあ木肌はかなり時代がきていて時代感もそこそこです。
(このブログのトップページのブログアーカイブの【ラベルけやき】の項からお入りください。以前の姿にお目にかかれます)

ところで、ここ数年間、冬姿が枝が細かくてとてもいい感じなのですっかり油断してしまい、ついつい「小枝すぐり」を怠けておりました。「小枝すぐり」とは、かんたんに云えば「小枝の整理」をして小枝の粗密のバランスをとってやる作業です。密になり過ぎた部分を整理し、粗の部分に力が行くようにしむけてやるのです。ですから、この作業を怠ると知らぬ間に枝に強弱が生じて、けやき特有の優美な枝打ちがそこなわれてしまいます。

小枝が混み過ぎて枝先の粗密が乱れている感じがしますね。このような状態は「小枝すぐり」の不足によるものです。

木の裏側からみるとその乱れた枝先の様子がなお一層目立ちますね。
現在の姿の10日ほど前に葉すぐりをしましたので、心なしかその効果で残された小枝と葉先に生気が戻ってきたような気がしています。
みなさんも、徒長枝や不要なフトコロ芽や不要枝などを軽く整理して日と風の通りをよくしてあげましょう。残された枝葉に生気が戻ってきますよ。

2018年8月2日木曜日

葉焼け・瀕死の重傷

7月22日のフリースクールに岩ちゃんが緊急で持ち込んだのは、ご夫妻が大切にしている出猩々もみじのミニでした。葉はほとんど焼けてチョリチョリ、それも始末の悪い慢性の焼けただれの症状です。葉焼けの症状としては、焼いて半日か一日以内に急激に落葉した場合の方が助かる確率が高いといわれます。このように、水を切らせてじわじわと葉を焼いた場合は、症状は重いのが普通です。

盆栽屋.comの盆栽棚の下に緊急入院です。真夏の猛烈な直射日光にも当てられませんが、水をやり過ぎてもいけません。弱った盆栽に水のやり過ぎは禁物です。だから鉢を斜めにして早く乾くようにしむけているとことです。

入院して約10日ほどが過ぎました。最初の私の診断は甘く見ても生死は半々くらいで、かなり厳しい感じでした。ところが今日見ると、徹底した「棚下半乾き」作戦の効果があったようで、小枝の先に僅かに生気が漂ってきているようです。

ほらご覧ください。僅かにふくらんだ芽先がほころびかかっています。奇跡的!

出猩々は芽先の繊細な種類ですから、猛暑の続く今年の夏などはたいへんな種類です。必ず助かるとはまだ断言できませんが、希望は出てきたとはいえるでしょう。

岩ちゃんご夫妻の歓びが糠喜びに終わらないように、あと10日くらいは頑張らないと・・・・!

と云う訳で、今日の締めは真夏の猛暑で葉を焼いてしまった盆栽の回復法のポイントをお知らせいたします。

1 置き場所は0~50%の日陰、症状が重いほど全日陰に置く。
2 水量を調節するために、雨水の当たらない場所。
3 水やりは半渇きの状態を最良とし、それを保つようにする。過湿に注意。肥料禁止。
4 芽が動き始めたら少しずつ日に当てる。

以上です。

2018年7月21日土曜日

取木(親木から独立)

7月の14、15日だったと記憶しています。ちょうど人指し指ほどの取木箇所に、もやしのような発根を見つけました。すでに入梅は明けて気温はかなり上昇していましたが、まあ、実験的な意味もあるので、思い切って10本ばかり台木から外し根も処理して仕立て鉢に植え込むことにしました。

水圧ポンプで水苔をきれいに掃除し、根の多過ぎる部分は思い切って減らす。上の図は根の底から逆さまに見ている図です。
中央の円内が木質部で、それを取り囲んでカルスが盛り上がり、そこから根が分化しているのがわかりますね。

今年のように暑い気候ですと、根を短く切り込むのは勇気が要るが、思い切って短く切ろう!

どうやったのか忘れましたが、何かの必要があって呼び接ぎもやってありますね。
ともかく、このような気候ですから、一週間以上は日陰において慎重に管理しましょう。

この経過の続きはまたご報告しましょう。

2018年7月20日金曜日

那須五葉松の魅力

五葉松の産地といえば、吾妻五葉(福島地方)、那須五葉(那須地方)、四国五葉(四国地方)が三大産地として有名でしょう。もちろん五葉松はその変種(姫小松など)として日本各地に自生していますから、産地は更に広域になるでしょう。

黒松や赤松が自生地の他では街道などに植えられたのに比べ、五葉松はその性質上、昔から園芸用の植栽として庭園などにしきりに用いられたようです。そして五葉松は、現代の盆栽界においても、真柏、黒松と並んでもっともポピュラーな盆栽樹種となっています。

ちなみに、盆栽界ではこれらを松柏類(しょうはくるい)と呼び、その他、けやきやもみじのように冬に落葉する樹種を雑木類(ぞうきるい)とし、枝先の繊細な味わいを観賞する趣を主眼としています。

また、樹形よりも主に花や実を観賞する目的の樹種は、花もの盆栽と実もの盆栽というジャンルを設けて区別しています。

那須地方に産する那須五葉松は、鮮やかな若緑色の葉で知られ、さらに緩みのないキリットとした直線的な美しい葉が特徴です。

温和な若緑色の葉と対照的に強靭な生命力が表現された根上がり部分。

根上がりの面白い芸と、躍動感あふれた力強い一の枝の変化がみどころである。

バランスよく配置された枝葉が安定感を演出して美しい。

自然界から醸しだされる強い生命力が感じられます。盆栽の魅力はこんなことろにあるのでしょうね。