2018年6月19日火曜日

取木発根!

3~4週間ほど前から施術にかかった舞姫の取木。けっこう雑用にも追われたりしている毎日なので、いまだ予定の半分も済んではいませんが、ともかく今月いっぱいに馬力をかけてケリをつけるつもり。とは言うものの、やれるかな!?
ところで取木は、入梅前の春の新葉が固まったころ(5月末)から今頃(6月いっぱい)までに手術するの一般的ですが、まあ、比較的発根の容易な舞姫もみじはそれほど神経質にならなくていいと思いす。少々時期を早めたり、ぎりぎり夏にずれ込んだり、それでも何とかなるでしょう。
さてさて、そんな訳で数日前に棚に並べた舞姫の一群の足元を「まだ早いだろうな?」と思いながらふと覗いてみると、施術の順番どおりに並べた先頭のほうは、ご覧のように既にモヤシのような発根が見られるではありませんか!

ビニールで覆った土手の内側にこのような太いモヤシのような発根が見られれば、環状に剥皮(はくひ)した箇所にはカルスも十分に形成されており、そこから根が活発に分化されているはずです。

もやしのようなきれいな根っ子が勢いよく飛び出してきています。毎年見慣れていても、やっぱり感動します。植物の再生の息吹、生きる力、まさに命の拡大作用ともいえる光景ですね。

最初は真っ白で日が経つと次第に充実して木質化とともに茶色がかってきます。

このくらいの出方では、おそらくこの一日か二日で飛び出してきた根でしょうね。根の動きは思いのほかに素早くて、数日間であっという間に様子が変わって見えることなどしょっちゅうです。

ところで、親木からの引き離しのタイミングと根の処理の方法ですが、人によって様々です。そこで今年はちょっと冒険心を出して、手抜きの三段跳びで、とにかく早めをキーワードにして、その通りに実行したいと思っています。続編をお楽しみに。

2018年6月16日土曜日

捩幹ざくろ開花

捩幹ざくろは幹も枝も、成長とともグルグルと捩れる性質を持っています。さらに、水吸いの縦方向の独立性が強く、横方向、つまり両隣からの養分の移動がかなり少ないのです。ですから、例えば他の盆栽樹種(もみじ・かえで)などでは、大きな枝を切った場合でも葉で作られた養分や根から吸い上げた水分などが、上下左右の四方から傷口の治癒のために応援が駆けつけます。
しかし、捩幹ざくろの場合は、左右の水吸いは知らんぷりされて援助なし。ですから太い枝を切れば、盆栽の場合ほとんど例外なく、その下方が螺旋状に焼け込んでしまいます。この点が石榴盆栽の培養上で忘れてはならないポイントです。

樹高15cmの捩幹ざくろ

ミニ盆栽として流通する捩幹ざくろは少ない。このミニ盆栽は5年ほど前に筆者が手に入れて、まだ素材の段階であったのをようやく盆栽らしくここまで培養したものです。

どっしりと構えた足元の力強さはミニながらけっこう迫力あり。一、二、三と枝順もしっかり整い、各枝に力強さも具わっていて、全体としての構図にも動きがあります。

10日ほど前に開花。緑色の葉と橙色の鮮やかな実の対比が、初夏の陽光の元で鮮やかに輝きを見せて新鮮です。木肌の質感も雅味があってそれも魅力のひとつとなっています。

ところで話題は代わりますが、捩幹ざくろの幹は右(時計回り)ですか、それとも左回り(反時計回り)ですか、皆さん知っていますか?
捩幹ざくろの幹は足元から芯に向かって時計と反対回り、つまり左巻きに捩じれています。その他ツタ類などの植物でも捩じれる性質のものは、その樹種によって右巻きか左巻きに決まっているそうです。つまり、捩幹ざくろはすべて左巻き、ということです。

後ろ姿
傷っけはまったくありません。

幹の捩じれが左巻き(時計の針と反対回り)になっていますね。この捩じれが他の植物(つる性のもの)によっては右巻き(時計回り)という場合もあるそうです。自然界は不思議ですね。

ちなみにこの現象は、台風が北半球では左巻きで南半球では右巻きになるという、地球の自転とは無関係だそうなので、物理学(コリオリの力)で説明するまでもなく、植物学の問題だそうです。(笑い)

2018年6月9日土曜日

草もの盆栽

盆栽をジャンル別に分類する方法はいくつかあります。ごくオーソドックスに樹種別から、松柏類と雑木類の二つに別けて、さらに雑木類の中から、花や実を観賞するのを主力にする花ものや実もの盆栽をそれぞれ独立させます。すると、松柏類、雑木類、実もの類、花もの類と別けて、そこへもう一つ、草もの盆栽というジャンルを加えると、オールキャスト5部門になるわけです。

斑入り風知草

ただし、盆栽屋とか愛好家が草もの盆栽と言うと、それはほとんど盆栽を引き立てるための、つまりは添え草という感覚で作っているものを言いますね。主木(しゅぼく)に対する添え物(そえもの)、つまり副次的なものという感覚です。
そして、ここで言う草もの盆栽の役目は、一点飾りでも中品の三点飾りや小品の席飾りにおいて、あくまで季節感や席の雰囲気作りをもっぱらとする脇役にあります。

紅風知草
ですから、鉢の大きさも常に主木(しゅぼく)の大きさとのバランスをとるようにしておき、ほとんどの場合は草が大き過ぎないように心がけています。大きさは鉢に対する配慮だけでなく、全体の勢い(元気)にも配慮して、ボリューム的にも抑えぎみの作柄を心がけた方がいいと思います。あまり元気が良過ぎると夏の叢(くさむら)の雰囲気になってしまって、情緒が薄れてしまいますね。

照り葉のいばら
季節感の演出などが主な目的となると、種類は多いにこしたことはありません。まったくの草でなくとも長寿梅や野ばらのような、株立ち風な樹形になりやすい、草と木の中間のような樹種もお勧めですね。その他にも、ずいな、はぜ、木瓜、竹、笹・・・・。挙げてみればきりなく出てくるでしょう。

お勧めしまーす、草もの盆栽!
廉い費用で楽しめまーす!



2018年6月2日土曜日

山もみじ・正統派模様木

もっとも好きな樹種の一つである山もみじの、ちょっとばかり自慢のできるやつに出会えました。このクラスを逃すと後から夢に出てきてなかなか往生が悪くなるので、こんな場合は話がこじれないうちに商談は即断即決するのが定石であり、精神衛生上にも健康的であります。
さて、ご覧のように模様はきつ過ぎず緩るすぎず、足元や幹もかなり太くて力があるけれど、太すぎてグロテスクだとけちをつけられるほどでもない。まずはバランスの取れた正統派模様木で、品格も備わっています。

ところで、今までの所有者がこの山もみじを仕立てている道程で、まだ素材の段階だとご自分にいい聞かせていたと強く推測できることがあります。それらは、例えば間口も奥行きも深さも、かなりサイズのゆったりした鉢を使用しているところでしょう。5年から10年先の将来に期待しているはずです。

根張りから立ち上がって最初の模様の位置に一の枝、次の強い模様の位置に二の枝、次の模様に三の枝と、この三段階の幹の動きとコケ順が理想的です。まさにこの山もみじの最大の美点はこのあたりに集約されていると言えるでしょう。

やや上方からの鳥瞰的な角度から眺めてみましょう。この画像から見ると、根張りのよさが目立ちますが、それも単なる整ったきれいさでだけではなく、躍動感にあふれた力強い生命力の裏づけ十分です

ちなみに、整い過ぎてきれいなだけの根張りというのも見飽きるものであって、やはり根に動きがあって、しっかりと大地を掴んだ実感が伝わってくるようなデリケートな動きが欲しいですね。そんな高度な要求さえも満たしてくれる素晴らしく有望な素材です。


2018年5月23日水曜日

今年の舞姫の挿木は3月14日と15日の二日間だけに限ったので、デター的にはかなり貴重だと考えます。毎年のことですが、今年も管理法を含めて私が気をつけた挿木のポイントをいくつか箇条書きにまとめてみました。ご参考にしてください。

挿し木後二ヶ月経過して終日直射日光に当てると、新芽が著しく伸び始める。

1、春季における挿木の適期は3月の中旬ごろ、芽先が色づくまではいかなくとも、やや血色がよくなってきたころ。

2、挿し穂は充実した若い昨年の枝や幹を用いる。なお、それらは節間(せっかん)の詰まったものがいい。

3、挿し穂を採取して挿し床に挿すまでに、あまり長い時間(一晩とか)水に浸けておいてはいけない。また、病原菌の進入を防ぐためにも清潔な水を用いること。

4、挿し床の用土は、小粒の赤玉土1対鹿沼土1の比率のものが適している。

5、挿し床は、寒冷紗で遮光したビニールハウスの中で、さらに病原菌の進入を防ぐために地上50cm以上の高さの棚に置いて管理する。

6、殺菌剤液(トップジン乳剤)が挿木床の底から流れ出るくらいに、週に1回の割りで消毒する。

7、過湿を招きやすいので、乾燥防止の霧水はやり過ぎないように気をつける。ちなみに、盆栽屋.comでは霧水はほとんどやりません。うっかりすると過湿になるからで、挿し床はやや乾かしぎみに保つのがコツ。

8、挿木後10日間を過ぎたあたりから、ハウスの中でも日当たりのいい明るい場所へ徐々に移動する。その後、挿木後約1ヶ月あたりからは一日数時間ずつ直射日光に当て始める。この1ヶ月時点で挿し穂の軸がきれいで葉も出揃っていれば良好な結果が期待できる。

9、直射日光に当てる時間を徐々に長くし、挿木後2ヶ月(直射日光に当てて1ヶ月)経過するとほとんど発根しているようだ。

挿し木後二ヶ月経過して終日直射日光に当てはじめてから、約一週間経過の状態。まだ葉の色は平凡な緑色で、新芽の芯の部分も色が変わってはいません。日に当って活動が活発になってくれば、新芽がほぐれて柔らかい色彩に変化してきます。つまり新芽が伸び始めるわけです。

10、左の大きな鉢は挿し木後二ヵ月経過後、ようやく日当たりのよい棚上での管理に切り替えたばかりの挿し木床。まだ緑色の葉はあまり伸びてはいません。かたや右の小さな鉢は、それよりも一週間ほど早くから終日直射日光に当てている挿し木鉢です。ごらんのように、こちらのほうは早くから直射日光に当てたせいで、かなり新芽の色もほぐれて、ぐんぐんと伸び始めています。ここまでくれば〆たもの。この後は普通の盆栽と同じく普通の棚上で管理しましょう。

11、以上のように二ヶ月の間に殺菌消毒を10回ほど励行し、過湿に陥らないように留意し、積極的に日当たりのいい場所を求めて培養を続ければ、活着率は75%ぐらいは行くと思います。みなさんにもお薦めしまーす!!

挿木後二ヵ月(舞姫もみじ)

今年の舞姫の挿木は3月14日と15日の二日間だけに限ったので、デター的にはかなり貴重だと考えます。毎年のことですが、今年も管理法を含めて私が気をつけた挿木のポイントをいくつか箇条書きにまとめてみました。ご参考にしてください。

挿し木後二ヶ月経過して終日直射日光に当てると、新芽が著しく伸び始める。

1、春季における挿木の適期は3月の中旬ごろ、芽先が色づくまではいかなくとも、やや血色がよくなってきたころ。

2、挿し穂は充実した若い昨年の枝や幹を用いる。なお、それらは節間(せっかん)の詰まったものがいい。

3、挿し穂を採取して挿し床に挿すまでに、あまり長い時間(一晩とか)水に浸けておいてはいけない。また、病原菌の進入を防ぐためにも清潔な水を用いること。

4、挿し床の用土は、小粒の赤玉土1対鹿沼土1の比率のものが適している。

5、挿し床は、寒冷紗で遮光したビニールハウスの中で、さらに病原菌の進入を防ぐために地上50cm以上の高さの棚に置いて管理する。

6、殺菌剤液(トップジン乳剤)が挿木床の底から流れ出るくらいに、週に1回の割りで消毒する。

7、過湿を招きやすいので、乾燥防止の霧水はやり過ぎないように気をつける。ちなみに、盆栽屋.comでは霧水はほとんどやりません。うっかりすると過湿になるからで、挿し床はやや乾かしぎみに保つのがコツ。

8、挿木後10日間を過ぎたあたりから、ハウスの中でも日当たりのいい明るい場所へ徐々に移動する。その後、挿木後約1ヶ月あたりからは一日数時間ずつ直射日光に当て始める。この1ヶ月時点で挿し穂の軸がきれいで葉も出揃っていれば良好な結果が期待できる。

9、直射日光に当てる時間を徐々に長くし、挿木後2ヶ月(直射日光に当てて1ヶ月)経過するとほとんど発根しているようだ。

挿し木後二ヶ月経過して終日直射日光に当てはじめてから、約一週間経過の状態。まだ葉の色は平凡な緑色で、新芽の芯の部分も色が変わってはいません。日に当って活動が活発になってくれば、新芽がほぐれて柔らかい色彩に変化してきます。つまり新芽が伸び始めるわけです。

10、左の大きな鉢は挿し木後二ヵ月経過後、ようやく日当たりのよい棚上での管理に切り替えたばかりの挿し木床。まだ緑色の葉はあまり伸びてはいません。かたや右の小さな鉢は、それよりも一週間ほど早くから終日直射日光に当てている挿し木鉢です。ごらんのように、こちらのほうは早くから直射日光に当てたせいで、かなり新芽の色もほぐれて、ぐんぐんと伸び始めています。ここまでくれば〆たもの。この後は普通の盆栽と同じく普通の棚上で管理しましょう。

11、以上のように二ヶ月の間に殺菌消毒を10回ほど励行し、過湿に陥らないように留意し、積極的に日当たりのいい場所を求めて培養を続ければ、活着率は75%ぐらいは行くと思います。みなさんにもお薦めしまーす!!

2018年5月15日火曜日

ナイスボディー(舞姫)

この二ヶ月ほど公私ともにいわゆる「野暮用」続きで、肝心の仕事(盆栽とブログ)がちっともはかどらないのでかなり焦っています。そして焦りは焦りを呼び、さらに焦りを増幅させるという悪循環にはまってしまったようです。そんな訳でこんな時には、フラストレーションの塊となった自らの気持ちをほぐすためには、大好きなもみじ、それもただ今熱中している舞姫をいじくりまわしてみるのが一番です。

徒長させた頭の部分を除いき将来の芯を予想した樹高が約5.0cmくらいのとびっきり優秀なボディー。芯の候補は他にも数本ありましたが、とりあえず1本だけ残して他は1節残して詰めてました。

一度倒れた幹がむっくりと頭を持ち上げが強い生命力を表現しているような姿です。芯の候補の芽を1本だけ残して他は追込んでやらないと、先端が強くなり過ぎて太ってしまう恐れあり。

この舞姫は親しい友人の同業者が作っていたものの中にあったのですが、何十本の中のピカイチ。足元の根張り、動き、模様など、力感溢れたボディーです。

後姿だって負けてはいませんよ。

すでに幹に古色感が出ていますから、年代もかなり経ているようです。取木から作った素材を持ち込んだものには間違いありませんが、もしかすると根接ぎなどの二次的な手術を施した可能性もあります。種木としてはそれほどに完成度が高い感じがします。やさしさというよりも逞しい骨格の模様木をめざしていきたいと思っています。

樹高5.0cm×6.5cm


2018年5月1日火曜日

傷口の処理(一石二鳥)

ゴールデンウイーク中にクロちゃんがスクールへ持って来た舞姫の仕立て中の超ミニ。

足元の中央に大きなカットパスターが貼ってあある場所は、元々幹があったのですが、今では取木をされて別れ別れになって、お互いに独立して生きています(笑い)。

適当に根張りが暴れていますが、ここがひとつのポイントです。あまり整いすぎずに動きと豪快さが
感じられることが大切です。

超ミニ盆栽の場合、盆栽の三要素である、幹、枝、根張りをバランスよく強調すると魅力が感じられます。また、傷口はよく切れるナイフで丁寧に削ってきれいに処理すると、治癒した傷口も雅味が感じられるようになるので、一石二鳥。

後姿。

2018年4月30日月曜日

切替しによる幹の曲づけ

ゴールデンウイークに入ってさらに気温が高めの好天気が続いており、そのせいで樹木の芽先の伸びも順調です。松戸市の自然公園も日一日とその緑が濃くなっていく感じです。もちろん盆栽屋.comの盆栽たちも順調に芽を伸ばしています。
さて、4月30日は4月最後のスクール。このような大型連休のときなどは、普段はなにかと休日勤などで来られない会員さん同士が久しぶりに顔を会わせ、お互い様に「暫くです」など挨拶しています。

さて、今日の話題はこの超ミニ舞姫もみじの幹模様についてです。立ち上がりからの第一曲目はうまくいっていますが、第二曲目までがちょっと長すぎます。さらに第二曲目には外側に枝芽がありません。

現状を打破して前に進むためには、赤線の箇所で幹を切替すことが必須と思われます。切替しに成功すれば、第一、第二の幹模様に緊張感が出て、さらに右側の理想的な位置に二番目の枝が作れます。しかし、この箇所にハサミを入れるのは案外に難しく、失敗しやすいところなのです。

うまく切れました!こうやって幹を切替て模様とコケ順を作っていく技法は、針金かけとあわせて、幹の曲づけの大切な基本技法ですからしっかり覚えておきましょう。

将来幹となる頂上の芽を傷つけないようにしましょうね。この傷口は、よく切れるナイフで丁寧に削りなおします。くれぐれも周囲の必要な芽を傷つけないように。

傷口はスクールのクロちゃんが特製のナイフで削りなおしてくれました。今年一年で幹のコケ順と模様づくりはかなり進行するでしょう。クロちゃんの傷口の処理技術は素晴らしいものがあります。持っている特製のナイフがこれまたいいんですよ。ありがとう。


2018年4月25日水曜日

できの悪い子供ほど可愛い(舞姫三幹)

前の年に取木した細い苗を去年(2017年)の春に、宗像一蒼さんの4cm鉢に入れた細い舞姫もみじですが、持ち込みの時間の経過というものはたいしたもので、やはり今春化粧鉢にいれたものより盆栽年齢的に眺めると、グーンと年上に見えます。

何時も思うように、やっぱり盆栽年齢は太さやサイズよりも持ち込みの古さからくる古色感、つまりは落ち着きから滲み出てくるものなのですね。幹の太さはわずかに2.5mmくらいですが、木肌や枝のゆすりなどに何となく自然味と古さが感じられます。


ところで、「自分の子供でもできの悪いのは心配でついつい可愛がってしまうもんだし、反対にできのいいのはほおっておいても何の心配もないので、かえって手がかけられないもんだ」と亡くなった母親がよく言っていたのを思い出しますが、自分で営業で作っている盆栽素材にでも、そのままあてはまるような気がします。

今日お見せした売れ残りのやせっぽっちの舞姫三幹も、できのいいのから売れてしまし、悪いのはどうしても長い年月手塩にかけることになってしまい、面倒見ている間に次第に愛情が濃くなってしまうという訳ですね。まあ命あるものですから形の優劣だけで差別をしないで、できるかぎり愛情をかけて育ててやりたいものですね。

2018年4月23日月曜日

取木から作る・舞姫もみじ

葉が小さく枝の先が細く仕上がる舞姫もみじは、ご覧のように葉も細身ですから、ミニ盆栽に作ったとき、姿に重苦しい感じがなくあっさりとしたさわやかなイメージです。
そんな雰囲気が気に入って5~6年前からポチポチと取木を主体にしてミニ作りに励んできましが、まだ満足の半分も行かないレベルですが、ともかく盆栽らしい形をしたものがやっと少しずつできてきました。
主幹の左に副幹が寄り添っており、反対の向かって右に細い2本の副幹が添っており合計4本立ちの株立ちとなっています。右のどちらかの1本を切って3幹にするか、2本とも切って双幹とするかの選択が考えられますが、最終結論は少なくとも今年一年くらいは様子を見ながら猶予したいとおもっています。

盆栽仲間でよく言われる迷ったときの格言では「切るのは何時でも切れるが、一度切ったものはもうつながらない!」、と言います。


というわけで、しばらくはこのまま4本立ちの変則樹形のまま様子を見ていきます。盆栽界には3幹に名木なしとの格言がありますが、この場合は三幹立ちを選択するのが順当な気がしますが・・・・
最後になりましたが樹高は11cmくらいです。

姿のどこにも無駄な力の入っていない、樹高約14cmの自然体の樹形がもみじらしくて好感が持てます。↑の作品も同じですが昨年の3月に取木をかけ入梅に親木から独立させ、今年の春先に化粧鉢にいれてやったばかりです。


自然体の樹形のため、ほとんど骨組みは現状のままで行きたいと思っています。このような盆栽は「木は木なりに作る」といわれるように、持って生まれた素直さを尊重して「もみじらしく」仕上げていきましょう。

2018年4月20日金曜日

舞姫挿木1ヶ月経過

既に当園の培養可能な数量をオーバーぎみの舞姫もみじですが、挿し穂素材を廃棄するのがもったいないのと、挿し木技術の向上を確かめたいとの思いから、今年も我慢できずにかなりの数量の挿木を実行し、早くも1ヶ月経過。

挿し木後の管理で大切なことは、薄日が差す地面から30cm以上高い棚に置いて、あまり水をやり過ぎないようにすることで、さらに1ヶ月のうちに3回くらいは病原菌の消毒をしてやることです。ちなみに私はトップジン乳剤を使っています。

赤矢印で示した箇所の挿し穂が薄くなっているのは、先日春の嵐の大風で飛ばされたダンボールに蹴飛ばされた被害の痕です。残念!

昨日から一日のうち数時間の直射日光浴というスケジュールに切り替わりました。午前中だけ日が当たり午後になると日の切れる場所を見つけます。急に直射日光に長い時間さらすと、水を吸い切れずに萎れてしまう穂も出てきますが、あまり大事にし過ぎても何時までも根の分化が進みません。
勇気をもって直射日光に当てましょう!



2018年4月17日火曜日

台師・鈴木広寿師の思い出

月並みですが、業界人として、また日本盆栽協会や日本盆栽協同組合などと関連団体である日本水石組合の役員同士として、かなり長い年月親しくお付き合いしていただいた鈴木さんが亡くなって、私自身ずいぶん寂しい思いをしています。
その寂しさは友達としての愛惜の情からくるところの、いわゆるセンチメンタルな感情的な面ばかりでなく、もう水石の台座の製作を頼むことができなくなってしまったし、先輩として教えを請うことも敵わなくなってしまったという現実的な必要性からも私を困らせてくれます。

さて、今日載せた瀬田川のこの虎石の台座は鈴木さんの「広寿」の彫落款が記されています。先日水石のオークションで落札したものですが、やはり鈴木さんの作品は石を微妙に引き立ててくれていますね。その作風の特徴として、石と台座が一体となっている感じにあふれています。全体に肉薄であることも特徴のひとつです。

足は小さめで縁を形作る線は緊張感を保ちながらも柔軟で繊細です。

鈴木さんの台座は、石の全体もしくは部分の変化の動きのリズムを捉えるセンスが抜群なため、台座そのものにリズミカルな動きが感じられます。技巧を超えた品格もその特徴でしょう。まさに現代を代表する名人と呼ぶにふさわしい腕前でした。

亡くなる一年ほど前、あれは国風展の売店でひとしきり馬鹿話をしたおりに、「この期に及んで命は惜しはないけれど、なあ、宮ちゃん、もおちっと仕事がしたいや」と真顔で言った鈴木さんの顔が今更のように思い出されます。
さようなら、広ちゃん!

でもやっぱり鈴木さん、もおちっと仕事をしてもらいたかったですね!